japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

健康経営

日本語English

JAPEXグループは、従業員の健康への配慮が企業の成長と持続性に資するという考えのもと、健康経営を実践しています。

「JAPEXグループ倫理行動規範」、「JAPEX HSEポリシー」、ならびに「JAPEX健康経営宣言」にもとづき健康経営推進体制を構築し、従業員の健康維持・増進をさまざまな形で支援しています。

関連ページ

JAPEX健康経営宣言

JAPEXグループの経営課題の一つとして健康経営を推進することを示すため、202010月に「JAPEX健康経営宣言」を制定しました。

JAPEX健康経営宣言

2020年10月制定

JAPEXグループはエネルギーの安定供給を通じた社会貢献を使命とし、企業としての持続的な発展と企業価値の最大化を図ることとしており、この実現には、HSE(労働安全衛生・環境)に留意した行動が最優先事項であると認識しています。

企業の成長、持続的発展のためには「従業員一人ひとりの健康が大事である」という考えのもと健康経営を推進することを宣言します。

  • 労働安全、健康を常に意識し、その確保と労働災害の防止に努めます。
  • 健康維持・増進に努めるために、ワーク・ライフ・バランスの推進をはじめ、心身ともに快適で働きやすい職場環境づくりに取り組みます。
  • 個人の多様な価値観、個性、プライバシーを尊重し、差別的取扱いやハラスメント等の防止に取り組みます。
  • 従業員と従業員家族が健やかに過ごし健康寿命を延ばすことができるよう、健康保険組合・労働組合と協働して心身の健康づくりを推進します。

代表取締役社長 藤田 昌宏

推進体制

社長を責任者とする推進体制を構築し、人事部ならびに各事業所総務部が事務局を担当しています。事務局は、産業保健スタッフや社外関係者との連携や、衛生委員会の事務局も担っています。

毎月開催される衛生委員会では、産業医、従業員代表、労働衛生に関する部署の代表が、従業員の保健衛生に関する事項を含む「働きやすい職場環境づくり」の実践活動方針の策定や審議を行っています。審議内容や重要事項は必要に応じ、HSSE委員への報告を行っています。

healthmgmt_system_j.jpg

健康経営推進体制図

健康経営優良法人への認定

JAPEXは、優良な健康経営を実践する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に、2017年から5年連続で認定されています。

healthmgmt_logo.jpg

関連ページ

従業員の健康増進

法定の定期健診以外に、従業員の健康増進を支援するプログラムや意識啓発、また感染症の予防対策などを行っています。

定期健診とフォロー体制

健康診断は、法定の定期健診に加え、35歳と40歳以上の従業員には人間ドックの受診を推奨しています。また、若いうちから生活習慣病について意識することを目的に、40歳未満の従業員にも腹囲測定を実施しています。

定期健診後には、健康障害リスクの高い従業員を対象に産業医面談などのフォローアップを行うとともに、リスクの低い従業員にも健康増進や疾病予防の働きかけ、定年後を見据えた健康支援を実施しています。

また、雇い入れ時健診のほか、特定業務・海外派遣労働者健診を適宜行っています。

メンタルヘルスについては、全従業員に対する年1回のストレスチェックテストの実施と、メンタルヘルス不調者に対して、就業と治療の両立支援、休職者への職場復帰支援を行っています。

なお、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を踏まえ、20204月から、以下のような産業保健スタッフとの面談や相談をウェブ会議システムで実施できる体制を整えています。

  • 健康診断後面談
  • 健康保険組合による特定保健指導面談
  • メンタルヘルスなどの健康相談

健康保持増進

従業員の自発的な健康状態の把握と行動改善を支援するため、2019年度に健康増進アプリを全社的に導入しました。

このアプリを使って健康サーベイを実施し、サーベイ結果と連動した全社的な健康増進目標を設定しています。1日あたり8,000歩以上歩く従業員の割合を、2020年度時点の10%から2021年までに40%以上にすることを目指し、1日の歩数を1,000歩増やすための意識啓発を行っています。

そのほか、従業員一人ひとりの健康増進を支援するために、以下のプログラムおよび研修を随時行っています。

  • 生活習慣病予防を支援するダイエットキャンペーン
  • 産業医による健康教室
  • 外部講師によるウェブ健康セミナー
  • メンタルヘルス研修
  • 禁煙キャンペーンの実施

感染症予防

国内外の各事業所では、HSEマネジメントシステム(HSE-MS)の実行サイクルのなかで、感染症も含む健康上のリスクを確認するとともに、平時から従業員に対する感染症予防教育を徹底しています。

従業員の感染症リスクの低減対策として、インフルエンザに対する事業所での集団接種や予防接種への補助、健康診断時の麻疹・風疹の抗体検査を行っています。また、海外駐在者とその帯同家族には、渡航前、滞在中および帰国後の健康診断、駐在国における疾病に関する予防接種や予防内服薬等の準備を行っています。

新型インフルエンザをはじめとする感染症の大規模流行に対する備えについても、平時から事業継続計画(BCP)の一部として取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染症への対応

2020年以降の新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に対しても、BCPの一環として、従業員の健康と安全を確保しながら事業を継続するため、以下の対策を講じています。

  • オフピーク通勤や在宅勤務の推奨
  • 社外との打ち合わせを含むウェブ会議の推奨
  • 全従業員の毎日の検温・体調報告
関連ページ

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。