japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

インドネシア・カンゲアンプロジェクト

日本語English

インドネシア・ジャワ島東部海域のカンゲアン鉱区で、主に天然ガスを開発生産するプロジェクトです。

JAPEXは2007年に、Energi Mega Pratama Inc.(EMPI)への出資により鉱区権益を取得し、プロジェクトに参画しています。

EMPI子会社でオペレーターのKangean Energy Indonesia Ltd.KEI)へは、当社からスタッフを派遣しています。鉱区の開発計画策定や開発作業などで主導的な役割を果たすとともに、海洋油ガス田の開発生産に関する技術や経験を蓄積しています。

プロジェクト概要

  • 生産中:天然ガス日量500万m3程度
    • 生産した天然ガスは、主に東ジャワ州スラバヤ市近郊国営電力会社や肥料工場などへ販売

kangean_fpu.jpg

カンゲアン鉱区洋上生産施設(FPU:Floating Production Unit)

基本情報

  • 名称:カンゲアン鉱区
  • 所在地:インドネシア・ジャワ島東部海域
  • オペレーター:Kangean Energy Indonesia Ltd.KEI
  • プロジェクト会社:Energi Mega Pratama Inc.EMPI:当社出資比率25%
  • 権益比率:KEI60%)、EMP Exploration (Kangean) Ltd.EMPE40%)
    • KEIとEMPEはいずれもEMPI100%子会社(当社Net比率25%

kangean_map_j.png

カンゲアン鉱区周辺地図

沿革

* 当社参画以降のみ

  • 2007年5月:Energi Mega Pratama Inc.EMPI)へ出資しカンゲアン鉱区の権益を取得
  • 2011年1月:パゲルンガン・ウタラ油田生産開始
  • 2012年5月:TSBガス田群テランガス田生産開始
  • 2019年3月:TSBガス田群シラスン・バトゥールガス田生産開始
関連ニュース
関連サイト

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。