japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

汚染防止

日本語English

JAPEXグループは、「JAPEX HSEポリシー」で「事業活動に伴って排出される廃棄物等による汚染の防止に努めます」と定めるとともに、CSR重点課題SHINEで「汚染防止・資源循環」を個別課題の一つとして掲げています。

これらの方針にもとづき、大気や土壌、水資源の汚染を防止するため、特に生産鉱場やプラントにおいて、廃棄物量や化学物質排出量を把握し、その低減に努めています。

関連ページ

大気汚染防止

大気汚染防止のため、JAPEXグループとしてVOCVolatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)の排出抑制に取り組んでいます。その一環として、2005年度から天然ガス鉱業会のVOC排出削減に係る自主行動計画に参加し、JAPEXグループの生産鉱場やプラントで以下のような削減施策を実施しています。

  • 原油貯蔵タンクの一部へ浮き屋根式を採用しVOC発生量を低減
  • ガス処理設備などから排出されるガスをフレア(焼却)処理し、大気中へのVOC排出量を削減

天然ガスの利用促進

天然ガスは、化石燃料のなかで最も温室効果ガス(GHGGreenhouse Gas)の排出量が少ないことに加え、光化学オキシダントの原因となる窒素酸化物(NOx)や酸性雨の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出が少ないことが特長です。

JAPEXグループでは、自社で使用する化石燃料の99%を天然ガスにしています。また、事業活動においても石炭や石油からの燃料転換を含む、天然ガスの既存需要拡大と新規開拓に取り組んでいます。

関連ページ

大気汚染物質排出に関する実績(2019年度)

JAPEXグループの2019年度VOC排出量は1,125トンで、前年度に比べ266トン(23.6%)減少しました。天然ガスの大気放散量削減により減少したものの、2000年度比45%という目標に対し28%減にとどまりました。

また、JAPEXグループの国内の生産鉱場やプラントにある、ボイラーやガスエンジンなどの燃焼装置から排出されるばいじんや窒素酸化物の濃度は、基準値をすべて下回っています。

関連ページ

漏洩防止

JAPEXグループの生産鉱場およびプラントでは、坑廃水や原油などの液体の漏えい防止のため、事故リスク評価にもとづくハザード登録を反映しながら、設備の設計や運転マニュアルの整備を行っています。ハザード登録は、設備の経年劣化や運転状況の変化などを考慮しながら定期的に見直すことで、適正な運用管理と点検の体制を確保しています。

また、当社の国内ガスパイプライン網においても、設備設計における漏洩防止対策と、万一の場合にもガスの漏えいを最小限に抑えることのできる操業体制をとっています。

関連ページ

液体漏洩事例発生実績(2019年度)

2019年度のJAPEXグループにおける、坑廃水や原油などの液体漏洩に関する事例発生件数はゼロです。

関連ページ

海洋汚染防止

当社連結子会社の日本海洋石油資源開発()JPO)が生産操業を実施する岩船沖海上プラットフォームは、現在国内で唯一の海洋生産施設として、さまざまな海洋汚染防止対策を行っています。

  • ESD(Emergency Shut Down)システム:異常発生時の緊急遮断弁作動
    • 岩船沖プラットフォームの主な緊急遮断弁(SSSVSub Surface Safety Valve)は、原油を生産する坑井の海底下約100メートルに設置されています。
    • プラットフォームの損傷や火災などの異常の際には自動もしくは手動で閉止し、坑井から海洋への原油の流出を防ぎます。
  • 海底パイプラインの防食:二重の腐食防止対策
    • 原油や天然ガスを陸上基地に輸送する海底パイプラインは、外面のポリエチレン製外装による保護と、内面の電気防食を実施しています。

廃棄物処理

JAPEXグループの事業活動の過程で発生する産業廃棄物は、法令に従い適切に処理しています。

また、事業活動段階からの削減と、分別収集やリサイクルに努めています。たとえば、生産鉱場の廃油の一部や金属くずなどは、専門業者に再利用への活用を含む処分を委託しています。

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。