japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

CSR重点課題

日本語English

JAPEXグループは事業の遂行にあたり、企業の社会的責任(CSR)を重視しています。

この考えのもと、ステークホルダーからの期待や要請に応え、信頼されるグローバル企業として成長するために、5つのCSR重点課題「SHINE」と12の個別課題を特定し、取り組んでいます。

5つの重点課題「SHINE

CSR重点課題「SHINE」は、2012年にCSRを全社で体系的に推進する方針を決定後、さまざまなステークホルダーとの対話や意見を取り入れながら、2014年に制定しました。

JAPEXグループCSR重点課題「SHINE」

  1. [S] エネルギー安定供給:Stable and sustainable energy supply
  2. [H] 企業文化としてのHSE:HSE as our culture
  3. [I] 誠実性とガバナンス:Integrity and governance
  4. [N] 社会との良好な関係構築:Being a good Neighbor
  5. [E] 選ばれる魅力ある職場:The Employer of choice

個別課題の設定と見直し

SHINE」では、5つの重点課題それぞれに個別課題を策定し、この課題に沿った実行計画・目標を設定し取り組んでいます。

CSR活動に関する実行計画・目標と実績

直近2年度分の実行計画・目標は以下のPDFファイルを参照ください。

個別課題の見直しプロセス

個別課題は、社会の変化や要請を踏まえ、適宜見直しを図っています。

直近では、2019年に以下のプロセスで見直しを行い、気候変動対応とガバナンスの重要性引き上げを含む、個別課題の再整理を実施しました。

  1. 現状把握・課題抽出:GRIスタンダードをはじめ各種ガイドラインなどを加味し、CSR課題を網羅的に抽出
  2. 分析・評価:各課題に対し、ビジネスのインパクトおよびステークホルダーに対する重要度をそれぞれ検討して重みづけを実施
  3. アンケート調査:経営層および管理職を対象に、当社における重要なCSR課題に対するアンケートを実施
  4. CSR開示情報の見直し:評価およびアンケート結果などを踏まえ、新個別課題を策定

SHINE」個別課題

[S] エネルギー安定供給

あるべき姿

  • 安定的な原油・天然ガスの供給ソース・インフラを保持し、効率的で安全な操業や製品の品質・安全確保により、エネルギー安定供給を実現している。
  • 多様な供給ソースの確保を目指し、地熱、太陽光などの再生可能エネルギー、シェールオイル・ガス、メタンハイドレートなどの非在来型エネルギーの開発にも積極的に取り組むほか、CCSなどの関連新技術の開発にも貢献している。

個別課題とESG分類

  • エネルギー安定供給:S(社会)
  • 新技術の開発:S(社会)
  • 気候変動への対応:E(環境)

SDGs目標対応項目

materiality_S_SDGs_j.PNG

関連ページ

[H] 企業文化としてのHSE

あるべき姿

  • 労働安全衛生の確保、治安リスクを含む危機管理に向けた方針や体制が整っており、HSEへの配慮を最優先とする企業文化が定着している。
  • 事業実施にあたり、省エネルギーや自然資源の有効活用に取り組み、地球温暖化防止や資源の持続可能性確保に貢献している。
  • 水・大気・土壌などの汚染を防止し、生態系への配慮を行うことにより、環境負荷を低減している。

個別課題とESG分類

  • 労働安全衛生の確保:S(社会)
  • 生物多様性・生態系の保全:E(環境)
  • 汚染防止・資源循環:E(環境)

SDGs目標対応項目

materiality_H_SDGs_j.PNG

関連ページ

[I] 誠実性とガバナンス

あるべき姿

  • 統治体制が確立しており、効率性と透明性の高い経営が実現している。
  • コンプライアンス体制が確立しており、不正行為や法令違反を未然に防止している。
  • 経営理念の実現に向けた誠実な事業慣行のため、従業員の意識醸成が図られている。

個別課題とESG分類

  • ガバナンス:G(ガバナンス)
  • コンプライアンス:G(ガバナンス)
  • 危機管理:G(ガバナンス)

SDGs目標対応項目

materiality_I_SDGs_j.PNG

関連ページ

[N] 社会との良好な関係構築

あるべき姿

  • ステークホルダーとのオープンで健全なコミュニケーションを通じて、JAPEXグループに対する社会的要請を的確に把握している。
  • 操業地域における雇用創出や公正なビジネス慣行により、ビジネスパートナーや取引先、産油・産ガス国との共存・発展を実現している。
  • 事業以外での社会貢献や寄付活動を通じて、地域文化を尊重し、地域社会との良好な関係を保っている。

個別課題とESG分類

  • ステークホルダーとの共生・発展:S(社会)

SDGs目標対応項目

materiality_N_SDGs_j.PNG

関連ページ

[E] 選ばれる魅力ある職場

あるべき姿

  • 性別、国籍、学歴、職歴などの観点で多様な人材が互いに認め合い、その能力を発揮し、適切な評価と処遇を受け、さらに技術や知見を高め、成長できる働きやすい職場や就労条件が確保されている。
  • グローバル企業として、有能な人材に選ばれる魅力ある職場環境を提供している。

個別課題とESG分類

  • 従業員の多様性尊重と人材育成:S(社会)
  • 公正で働きやすい会社:S(社会)

SDGs目標対応項目

materiality_E_SDGs_j.PNG

関連ページ

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。