japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

石油根源岩分析

日本語English

JAPEX技術研究所は、石油・天然ガスE&P(探鉱・開発・生産)に関するさまざまな試験分析を行っています。また、当技術研究所の設備や知見を活用した技術サービスを、社外に提供しています。

技術サービスで提供する調査・分析項目一覧やお問い合わせ先は、技術サービストップページを参照ください。

石油根源岩分析 概要

根源岩とは、石油・天然ガスを生み出す可能性のある岩石のことで、油ガス田の形成に必要不可欠です。そのため、根源岩の特性解明は、探鉱評価作業の精度を高める上で重要です。

根源岩は、地表で採取した岩石やカッティングスなどを使用して、元素分析計、ロックエバル分析装置、ビトリナイト反射率測定用顕微鏡などで分析し、有機物の量、有機物のタイプ、熟成度の3要素で評価します。得られたデータは、堆積盆評価や移動集積評価、試掘位置決定などに使用します。

resourcerock_rockeval.jpg

ロックエバル熱分解分析装置

調査・分析項目

根源岩分析では主に、有機物の「量」「タイプ」「熟成度」を評価します。

  • 有機炭素分析
    • 根源岩試料を燃焼し、有機物の量を評価します。
  • ロックエバル(パイロリシス)分析
    • 根源岩試料を加熱し、有機物の量・タイプ・熟成度を評価します。
  • ビトリナイト反射率測定
    • ビトリナイトの反射率を測定し、有機物の熟成度を評価します。
フォルダーのアイコン

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。