japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報 TOP
事業紹介 TOP
技術情報 TOP
サステナビリティ TOP
IR情報 TOP

相馬LNG基地

日本語English

国内最大級の地上式23万kl容量のLNGタンク2基を擁する、福島県内初の大型LNG基地です。海外からのLNG(液化天然ガス)の受入と貯蔵、LNGの気化・送出、液体のままのLNGの出荷に関する操業を実施しています。

相馬LNG基地は、JAPEX初のLNG外航船受入が可能な自社基地です。天然ガス供給の量的拡大や安定性に貢献する、当社国内ガス供給ネットワークの中核拠点となっています。

関連ページ

概要

相馬LNG基地では、当社の国内ガス供給ネットワークに関連する以下の操業・業務を行っています。また、基地に隣接する福島天然ガス発電所向け発電燃料LNGの保管・気化・送出業務を、福島天然ガス株式会社(FGP)から受託し実施しています。

  • LNG受入・保管:LNG外航船から基地へのLNG荷揚げと、LNGタンクでの保管
    • 当社を含むFGP株主各社が調達する、発電燃料用LNGの受入・保管も実施
  • LNG気化・送出:LNGを気化し、必要に応じLPGを追加し熱量調整したガスをパイプラインへ送出
    • 当社の新潟・仙台間ガスパイプライン網(相馬・岩沼間ガスパイプライン経由)への送出
    • FGPとの気化受託契約にもとづく、発電燃料用LNGの気化と発電所への送出も実施
  • LNGローリー出荷:LNGを液体のまま専用ローリーへ積み込んで出荷
関連ページ

設備概要

  • 受入設備
    • LNG外航船バース:1式(5m321万m3級)
    • LPG内航船バース:1式(2,500m3級、LNG内航船出荷と兼用)
  • 貯蔵設備
    • LNGタンク:地上式PC(*1)型23 kL×2基(*2)
    • LPGタンク:球形1,000t×2
  • 気化設備
    • 導管向け: 送出能力7.0MPa75t/h×2基(うち1基は発電所との共通バックアップ)
    • 発電所向け:送出能力5.0MPa75t/h×2基(*2)(うち1基はバックアップ)
  • 出荷設備
    • LNG内航船出荷(最大4,800m3級)
    • LNGローリー出荷設備:30t/h×5レーン

somalng_birdview.jpg

相馬LNG基地(左~奥)/FGP福島天然ガス発電所(右)

(参考)

*1: プレストレスト・コンクリート(Prestressed Concrete)は、あらかじめ圧縮応力を与えたコンクリート材で、LNGタンク外面を囲う防液堤に導入。万が一タンク内部のLNGが漏れた時にも、防液堤にかかる液圧(引張応力)に耐えることが可能。

*2: 2号タンクならびに発電燃料向け気化設備2基は期工事での建設(FGP資産をJAPEXで管理運用)。

基本情報

  • 名称:相馬LNG基地(石油資源開発() 相馬事業所)
  • 所在地:福島県相馬郡新地町(相馬港4号埠頭)
  • 面積:約20ha
  • 操業開始:20183

沿革

  • 2013年11月:相馬LNG基地および接続パイプライン建設に対する最終投資決定
  • 2014年11月:着工
  • 2016年10月:福島ガス発電()による期工事(2LNGタンク、気化設備増設)最終投資決定
  • 2017年4月:ll期工事着工
  • 2017年12月:LNG外航船第1船入港
  • 2018年3月:操業開始
  • 2020年4月:FGP福島天然ガス発電所向け発電燃料LNG気化受託業務開始
  • 2020年8月:ll期工事設備全面操業開始
関連ニュース
関連サイト

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。