japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

ダイバーシティ

日本語English

JAPEXグループは、性別や国籍にかかわらず多様な人材を採用・登用しています。また、すべての従業員が能力を発揮できる企業文化・組織風土の醸成、職場環境の整備と、人事制度の見直しを行っています。

ダイバーシティの推進

JAPEXは20161月に、「性別・年齢・国籍・キャリア・ワークスタイルの異なるさまざまな従業員が、それぞれ自律したプロフェッショナルとして活躍し成長し続けることで、企業競争力が強化されている」ことをビジョンとして掲げた、「JAPEXダイバーシティ方針」を制定しました。

この方針で定めた以下の3つの考え方にもとづく行動計画を策定し、ダイバーシティ活動を推進しています。

  1. 優秀な人材の確保
  2. 従業員の能力最大化
  3. 生産性向上・ビジネス変革への意識改革
関連ページ

キャリア支援制度

従業員がさまざまなライフイベントに左右されることなく本来の力を発揮し、キャリア継続やキャリアアップを支援するための制度を導入しています。

  • 病児・出張時保育費用補助
    • 共働きのフルタイム勤務従業員に対し、病児保育・出張時の延長保育費用の実費を会社が負担(子が小学校4年生になるまで)
  • フルタイム復帰者に対する保育費用補助
    • 3 歳未満の子を持つ共働きの従業員が、産休・育休・時短勤務のいずれかを経てフルタイム勤務に復帰した際に、保育費用の実費を会社が負担
  • 配偶者海外転勤時無給休暇
    • 配偶者の赴任先へ長期で滞在するため10日の無給休暇を付与
  • 配偶者海外転勤によるジョブリターン制度
    • 配偶者の海外転勤による退職者を対象とした再雇用制度

アンコンシャス・バイアスへの対応

アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)は、これまでの個々人の経験のなかで培われてきた、誰でも持っているものです。しかしながら、それに気づかず人に押し付けてしまうことにより、一人ひとりの個性の発揮や組織の成長を妨げる可能性があります。

JAPEXでは、ダイバーシティに関する意識向上の一環として、アンコンシャス・バイアスへの気づきと対処するための、管理職向けセミナーなどを実施しています。

女性の活躍推進

JAPEXは、女性活躍推進法にもとづく行動計画、ならびに次世代育成対策支援法にもとづく行動計画を策定し、目標達成に向けたアクションを実行しています。

2025年度末目標(女性活躍推進法にもとづく行動計画)

  • 2020年末時点で19名の女性管理職を25名以上
  • 女性部長職の登用拡大
  • 学卒採用の女性比率30%以上
  • 男性社員の育児休業取得率を2019年度実績の1%から80%以上へ引き上げ

認定の取得

「くるみん」認定の取得

2018年8月に、次世代育成対策支援法にもとづく行動計画(20164月~20183月)により、仕事と子育てを両立している「子育てサポート企業」として、厚生労働省東京労働局の「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」認定を取得しました。

diversity_kurumin.jpg

「えるぼし」認証の取得

2021年2月には、女性の活躍推進に関する取組の実施状況などが優良な企業として、「女性活躍推進法」にもとづく認定マーク「えるぼし」(3段階目)を、厚生労働省東京労働局から取得しました。

diversity_eruboshi3rd.jpg

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。