japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報 TOP
事業紹介 TOP
技術情報 TOP
サステナビリティ TOP
IR情報 TOP

人権の尊重

日本語English

JAPEXグループでは、「JAPEXグループ倫理行動規範」で、人権を尊重し差別・ハラスメントを行わないことをうたっています。また、この規範にもとづく「コンプライアンスマニュアル」では、JAPEXグループの役職員が日々順守すべき主要な基準を示しています。

関連ページ

主要な基準

人権の尊重に関する世界共通基準などを、JAPEXグループの役職員が順守すべき基準や規範として提示しています。

  • 世界人権宣言
  • 国際人権規約
  • ILO国際労働基準
  • 国連グローバル・コンパクト
関連ページ

報告・相談制度

JAPEXグループでは、「人権の尊重」を含むコンプライアンス順守事項についての報告・相談制度を設けています。

当社顧問弁護士への報告・相談が可能な社外窓口の設置や、匿名での報告・相談を可能にする秘密保持の徹底、不利益取り扱いの禁止など、報告・相談者の保護を図っています。

関連ページ

ハラスメント対策

JAPEXグループは、職場におけるハラスメントを防止し快適な職場環境を実現するため、主に以下の項目からなる「ハラスメント防止規程」を定めています。

  • 職場におけるパワーハラスメント、セクシュアルハラスメント、妊娠・出産・育児・介護などに関するハラスメントにあたる事例や禁止行為
  • 職場におけるハラスメントの相談窓口の設置と、相談者のプライバシー保護
  • 会社の再発防止義務

役職員の意識啓発

すべての役職員の、人権の尊重やハラスメント防止に対する意識の啓発に取り組んでいます。

  • ハラスメント研修(役員・管理職、新入社員向けの意識啓発研修を実施)
  • ハラスメント防止通信の配信(2~3ヵ月ごとにメールで全従業員に配信)
  • 社内イントラネットによるハラスメント情報サイトの設置

海外における取り組み

海外の事業活動では、先住民の権利、文化や慣習の尊重や、人権への配慮を、重要な課題として認識しています。

カナダ・オイルサンドプロジェクトの地域協働

カナダ・アルバータ州で、2021年7月までオイルサンドの開発生産プロジェクトをオペレーターとして推進していた現地子会社では、先住民の意見を取り入れる体制を整え協働して事業を行うとともに、労働市場・慣行を考慮しながら人種的・文化的にさまざまな背景を持つ従業員を現地で雇用するなど多様性を重視した組織経営に取り組みました。

関連ページ

英国現代奴隷法への対応

企業に対するサプライチェーン上の奴隷労働や人身取引を特定し根絶することを目的に2015年に施行された「英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)」に対応し、JAPEXグループの方針および取り組みを示したステートメントを開示しています。

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。