japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報 TOP
事業紹介 TOP
技術情報 TOP
サステナビリティ TOP
IR情報 TOP

当社初のカーボンニュートラルLNGを受け入れ

石油資源開発株式会社(JAPEX、代表取締役社長:藤田昌宏、本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社として初のカーボンニュートラルLNGの受け入れを10月7日に、相馬LNG基地(福島県相馬郡新地町、相馬港4号埠頭)で実施しました。

カーボンニュートラルLNGは、認証機関で認証を受けた二酸化炭素(CO2)のクレジット*により、天然ガスの採掘から燃焼までの過程で発生する温室効果ガスを、他の手段で削減・吸収したCO2と相殺したLNGです。2050年のカーボンニュートラル社会やCO2ネットゼロの実現に向け、温室効果ガス実質排出量を削減するための新たな手法の一つとして、世界的な需要が高まりつつあります。

今回当社が受け入れたカーボンニュートラルLNGは、三菱商事株式会社の100%子会社であるダイアモンド・ガス・インターナショナル社から、CO2クレジットでカーボンオフセットしたLNGを当社が購入したものです。お客様のニーズや要望に応えるため当社として調達を実施したもので、本日現在、都市ガス会社など6社への販売を予定しています。

また今後は、カーボンニュートラルLNGのみならず、当社が直接購入したCO2クレジットと、当社が国内で生産する天然ガスや海外から調達するLNGを組み合わせた販売も視野に入れていきます。

当社は、2021年5月に公表した、2050年カーボンニュートラル社会実現に向けた当社の方向性を取りまとめた「JAPEX2050」において、当社のサプライチェーンを含む社会全体の温室効果ガス(GHG)排出量削減への取り組みを目指すことを示しています。カーボンニュートラル化したLNGや天然ガスの販売をはじめとする当社の取り組みを通じ、カーボンニュートラル社会の実現に貢献するとともに、総合エネルギー企業としての成長と企業価値のさらなる向上を、引き続き目指してまいります。

当社のカーボンニュートラルLNG販売予定先(10/7現在、社名五十音順)

  • 越後天然ガス株式会社
  • 小千谷市
  • 帯広ガス株式会社
  • 新発田ガス株式会社
  • 白根ガス株式会社
  • 苫小牧ガス株式会社

注)*クレジットとは、温室効果ガスの削減量や吸収量を、定められた方法に従って定量化し、取引可能な形態にしたもの。CO2に係るクレジットとして、VCS(Verified Carbon Standard)など民間の認証機関が認証するクレジットや、政府が認証するJ-クレジット、先進国が新興国で実施した排出削減の取り組みを先進国と新興国で分け合うCDMクレジットなどがある。

ニュース記載内容は発表日時点の情報であり、今後予告なしに変更される可能性がありますことを、あらかじめご了承下さい。

フォルダーのアイコン

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。