japex石油資源開発会社
  • 採用情報
会社情報TOP
事業紹介TOP
技術情報TOP
サステナビリティTOP
IR情報TOP

リスク情報

当社グループの経営成績および財務状況等に影響を及ぼす可能性のある主な事項を記載しています。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、その発生の回避および発生した場合の適切な対応に努める方針です。

当社では、経営リスク委員会をはじめとした各種社内委員会を用いてリスクの管理を行っています。
なお、以下のリスクは、経営リスク委員会と取締役会での議論を経て、当社が主要なリスクとして判断したリスクであり、以下に記載していないリスクにより、当社グループの経営成績および財務状況等が影響を受ける可能性があります。また、将来に関する事項は2021年6月28日現在で当社が判断したものです。

1. 商品市況および為替に関するリスク

(1) 原油・天然ガス価格の変動リスク

当社グループは、国内外でE&P事業と国内においてインフラ・ユーティリティ事業を行っており、その売上高や営業利益は、原油価格や天然ガス価格の変動により大きな影響を受けます。

たとえば、当社の2022年3月期の営業利益は、油価が1米ドル/バレル増減すると560百万円増減すると試算しています。この増減額には、原油価格にリンクしているLNGの調達コストの増減と、それによる国内天然ガスと電力の販売価格の増減による影響等を含みます。ただし、実際の営業利益は上記以外のさまざまな要因によっても影響を受けます。

原油、天然ガス等の中長期的な想定販売価格の引き下げ等を理由として、その時点における事業資産の帳簿価額を将来の収益から回収できない見込みとなった場合には、当該資産について減損損失を計上することとなるため、当社グループの財政状態および経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(2) 為替の変動リスク

当社グループが国内で生産する原油や天然ガスは、原油やLNGの通関価格(CIF価格)を参照した円建てで販売するため、米ドル・円のレートの変動は、売上高や営業利益等に影響を与えます。また、輸入LNGを原料とした天然ガスおよび輸入LNGを燃料とした電力の国内販売価格にも影響を与えますが、仕入れ価格も同様の影響を受けます。

当社の20223月期の営業利益は、為替が1/米ドル増減すると220百万円増減すると見込んでいます。

2. 事業に関するリスク

【E&P事業】

(1) E&P事業投資(探鉱投資、開発投資)に関するリスク

当社によるE&P事業の一般的な特徴として、以下のような投資に関するリスクがあります。

① 探鉱投資に関するリスク

探鉱活動では、まずは対象地域の地質状況や地層の分析、物理探査などで地質構造を把握し、有望と評価された場合に試掘を行い油ガス層の広がりや資源量を確認します。しかし、近年の発達した探査技術によっても地質的な不確実性を排除することはできず、期待した規模の原油、天然ガスを必ずしも発見できるとは限らないため、探鉱活動の不成功によりそれまでに投じた支出の回収ができず、投資損失が発生する可能性があります。

② 開発投資に関するリスク

油ガス田の開発移行にあたっては、探鉱活動で得られた資源量の見込みや、それを経済的に生産するための坑井、生産・輸送設備等の建設費および操業費、生産物の販売価格等の見込みといったその時点で得られるさまざまな情報、想定に基づき合理的に最終投資決定を行うよう努めています。

しかし、その後に行う詳細な技術検討による設備仕様の変更や、開発に必要な資機材やサービスの価格高騰、政府等による許認可手続きや掘削等の作業の遅延、生産段階における新たな地質的問題の発生や原油価格・天然ガス価格の下落といったさまざまな要因により、最終投資決定ができない、または最終投資決定時の想定と比べて事業の収益性が低下することで、それまでに投じた支出の回収ができず、投資損失が発生する可能性があります。

③ 将来の廃坑に関するリスク

当社グループが現在生産を行っている坑井および鉱山等は、生産終了後に廃鉱作業を実施する必要があります。当社グループは、現在の見積りにもとづく廃鉱に関連して発生する費用の現在価値を資産除去債務として計上しています。

将来的に、廃鉱作業計画の変更や法令等の規制強化、または資機材の高騰等により、当該見積り額が不足と見込まれる場合には、資産除去債務額の積み増しが必要になり、当社グループの財政状態と経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

④ 投資回収期間の長さによるリスク

E&P事業では、初期の基礎的な調査から、掘さく作業を経て資源の発見にいたるまでの探鉱段階および資源の発見にいたった後に開発井の掘さく、生産設備や輸送設備の建設等をともなう開発段階で、長い期間と多額の投資が必要となります。

したがって、事業に着手してから投資額を回収し、利益に寄与するまでに長いリードタイムを要するのが通例で、この間、事業環境の変化により、投資額の増大(開発スケジュールの遅延に起因するものを含みます。)、需要の減少、販売単価の下落、操業費の増加、為替の変動等が発生し、事業の収益性が低下し、それまでに投じた支出の回収ができず、投資損失が発生する可能性があります。

⑤ 埋蔵量・生産量に関するリスク

E&P事業の維持発展には、継続的な鉱区権益の取得、探鉱、開発の取り組みによって生産活動にともない減少する埋蔵量・生産量を中長期的に補填・拡大していく必要がありますが、前記「探鉱投資に関するリスク」から「投資回収期間の長さによるリスク」に掲げるリスクや後記の海外E&P事業に関するリスクおよび気候変動に関するリスク等が存在するため、これらが成功しない場合には、将来的に埋蔵量・生産量が減少し、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

埋蔵量は、評価時点において既知の油・ガス層から地質的、工学的データにもとづき経済的にも操業面からも今後確実に採取可能であろうと予測された油・ガスの地上状態での数量で、今後新たに取得されるデータ等にもとづく見直しや経済条件の変動および国際的に認知された埋蔵量定義の変更等によって、上方にも下方にも修正される可能性があります。

(2) 海外E&P事業投資に特有のリスク

海外E&P事業には、前記「(1) E&P事業投資(探鉱投資、開発投資)に関するリスク」に加えて、一般的な傾向として以下のようなリスクがあります。

① カントリーリスク

海外E&P事業の一部はカントリーリスクの相対的に高い地域で実施されることがあり、これらの国々の政治・経済・社会的な混乱(治安の著しい悪化を含みます。)、法制や税制もしくは政策等の変更が、当社グループの海外事業の円滑な遂行に悪影響を及ぼす可能性があります。

② マーケットリスク

海外E&P事業で生産された原油・天然ガスは、事業収益を最大化するために、パイプライン等による輸送能力や生産販売コスト等を総合的に考慮した上でプロジェクトごとに最も有利なマーケットを選択し販売しますが、製品の性状や需給環境等の要因から、代表的な原油・天然ガス価格指標(WTIHenry Hubなど)と比べて大幅なディスカウント販売を余儀なくされ、事業の収益性が悪化する可能性があります。

③ パートナーリスク

事業の遂行に多額の投資が必要となる、または技術面等でリスクが高い場合などには、資金・リスクの分散を目的に、当社単独ではなく他の企業をパートナーとした上で共同事業化しています。

共同事業にかかわる意思決定にあたっては、パートナーごとにその保有権益の多寡に応じた議決権が認められるのが一般的で、当社としてマイナーシェアを保有するにとどまる共同事業で、当社は支配的権限を有しません。そのため、探鉱・開発計画の決定等の場面で当社の意向が必ずしも反映されるとは限らず、これらが当社利益に沿わない形で実施された場合には、期待した収益を得られない可能性があります。

なお、相当規模の資金を要する主な生産中の海外E&P事業は、後記「(3) 海外E&P事業の主な個別プロジェクトに係るリスク」のとおりです。

(3) 海外E&P事業の主な個別プロジェクトに係るリスク

① カナダ アルバータ州・Hangingstone鉱区オイルサンド開発事業

当社は、連結子会社カナダオイルサンド(株)への出資(2021年3月期末の出資比率 93.60%。間接出資を含む場合の出資比率 94.58%)を通じて、カナダ アルバータ州におけるオイルサンド開発事業を推進しており、同社完全子会社であるJapan Canada Oil Sands LimitedJACOS)が生産操業を行っています。なお、本事業は、75%の権益を保有するJACOS25%の権益を保有するCNOOC Petroleum North America ULCとの共同事業です。

当社は、オペレーターであるJACOSを通じ同プロジェクトの収益性向上に努めていますが、アルバータ州における希釈ビチューメン価格の長期低迷等によりJACOSの業績が悪化した場合には、同社借入金を対象に当社が差し入れている債務保証の履行等により、当社グループの経営成績と財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

② カナダ ブリティッシュ・コロンビア州・シェールガス開発プロジェクト

当社は、連結子会社JAPEX Montney Ltd.JML)への出資(2021年3月期末の出資比率55%)を通じて、マレーシア国営石油会社 ペトロナス社の推進するシェールガス開発・生産プロジェクトに参画していましたが(JML参画比率10%)、JMLが保有する鉱区権益すべてと関連する資産を、同鉱区のオペレーターであるPetronas Energy Canada Ltd.へ譲渡する売買契約を締結しました。

③ イラク・ガラフ油田開発プロジェクト

当社は、連結子会社㈱ジャペックスガラフへの出資を通じて(2021年3月期末の出資比率 55.00%)、イラク共和国南部でのガラフ油田開発生産プロジェクトに参画し(同社参加比率30%、資金負担比率40%)、オペレーターのPETRONAS Carigali Iraq Holding B.V.(ペトロナス社の子会社)と共同で開発事業を推進しています。

2013年8月に生産を開始し、現在、原油増産に向けて最終開発計画にもとづき、引き取り原油の販売収入を設備投資に充当しながら追加開発作業を進めています。

同プロジェクトは、同国の政治・社会・治安状況等の悪化や石油輸出国機構(OPEC)による協調減産の合意等により、生産量や販売量および売上高や営業利益が減少する可能性があります。また、コストの増加や開発スケジュールの遅延または生産量の減少が生じた場合等には、設備投資に充当する原油販売収入が不足し、同社に対する当社資金負担額が増加する可能性があります。

なお、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により開発生産操業を一時休止した後、2020年7月より生産操業を再開しましたが、移動の制限等により追加開発作業に遅れが生じたため、2020年度に計画されていた日量23万バレル規模への増産は、2021年度以降にずれ込むこととなりました。

④ ロシア サハリン1プロジェクト

当社は、サハリン石油ガス開発(株)への出資を通じて(2021年3月期末の出資比率 15.29%)、ロシア・サハリン島沖合における原油・天然ガス開発事業(サハリン1プロジェクト)に参画しています。

サハリン1プロジェクトにおける原油・ガスの生産販売は、上記「1 商品市況および為替に関するリスク(1)原油・天然ガス価格の変動リスク」に記載のとおり、その営業利益は、原油価格や天然ガス価格の変動で大きな影響を受けます。サハリン石油ガス開発㈱は当社の重要な関連会社であり、当該要因により同社の営業利益が大きく減少した場合には、当社グループの持分法による投資利益も大きく減少する可能性があります。また、生産中油ガス田で追加開発作業を進めており、これらの作業やさらなる追加開発計画の進展次第では、当社グループの持分法による投資利益が短期的に減少する、または当社において債務保証が発生する可能性があります。

【インフラ・ユーティリティ事業】

(1) 天然ガス販売等に関するリスク

当社は、E&P事業での諸リスクの影響を緩和する観点から、インフラ・ユーティリティ事業の一部として天然ガス取扱量の拡大に取り組んでいます。既存の天然ガスパイプライン等を活用した需要開拓や、パイプライン沿線外でのタンクローリー等を利用したLNGサテライト供給による需要開拓等に積極的に取り組んでいるものの、少子高齢化にともなう人口減や、需要家の設備稼働率の低下、ガス事業制度改革を背景とした他社との競合関係激化等を要因として、既存の天然ガス取扱数量(第三者からの託送供給量を含む)の減少、新規需要開拓の不調、または販売単価の下落等により、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

当社は、将来の販売量見込みにもとづき必要となるLNGについて、長期契約とスポット契約を組み合わせること等で、調達の安定性と需要変動への柔軟性を両立する調達に努めていますが、想定外の需要減少等が発生した場合には、スポットによる調達量の調整のみで対応できず、長期契約にもとづくLNG数量に関する未達補償料の支払いや安値での転売等が必要となる可能性があります。

当社は、LNGの調達価格の変動を販売価格に適切に転嫁する等の対策を講じていますが、十分な転嫁が行えず、当社グループの財政状態や経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(2) 天然ガス火力発電事業に関するリスク

当社は、福島県・相馬港における天然ガス火力発電事業の推進主体である福島ガス発電㈱に出資(2021年3月期末の出資比率33%)しており、出資比率相当の同社発電能力を利用した電力事業を行っています。

当社は、自社で引き取る電力の相当部分について小売電気事業者を中心とする複数の顧客と長期の販売契約を締結していますが、発電所設備トラブルによる代替電力の調達や、電源間の競合激化等で電力販売量の減少や販売単価の下落等が将来発生した場合には、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

【事業全体】

(1) 事故・災害等に関するリスク

当社グループでは、坑井の掘さく、原油や天然ガスの生産・輸送、LNGの貯蔵・気化・輸送等の操業に関して、設備(天然ガスパイプライン等)の健全性維持や、保安体制とBCP(事業継続計画)を含む緊急時対応策の整備等に努めていますが、操業上の事故や災害(異常気象・地震等の自然災害を含みます。)、疫病の蔓延(パンデミック)、犯罪やテロリズムの発生によって、人的・物的損害が発生したり、油ガス田等の操業ができなくなったりするリスクを完全に防止することはできません。こうした事態が発生した場合、その損害のすべてが保険によりカバーされるわけではなく、また、直接的な損害だけでなく、販売の中断による収入の減少、当社が供給義務を負う販売先への損害賠償、土壌・大気・水質・海洋等の環境汚染による損害賠償、行政処分、社会的信用の低下といった副次的な損害をもたらす可能性があります。

(2) 新型コロナウィルス感染症(COVID‐19)に関するリスク

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大およびそれにともなう各国での対応(都市封鎖、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置等)により、石油・天然ガス・電力の需要が減少し、さらには、原油価格・天然ガス価格・電力価格が下落する可能性があります。また、当社従業員への感染や当社従業員または事業活動に必要な資機材等の移動が制限されることにより、当社の事業活動が停滞し、遅延する可能性があります。

なお、当社では、感染予防・拡大防止策として、社内に新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対応に関する緊急対策本部を設置し、フレックスタイム制の拡大、在宅勤務の実施、不急の国内外の出張の規制のほか、国内操業現場においても、中央監視制御室への入室制限等を実施しています。

(3) 気候変動に関するリスク

パリ協定の採択を受け、気候変動や地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの削減を目的とした取り組みが世界的に進められており、低炭素社会実現へ向けた動きが加速しています。

当社は、気候変動対応の重要性を認識し、TCFD提言にもとづいてガバナンス、事業戦略、リスク管理、排出量管理等の分野で必要な取り組みを進めています。気候変動に関するリスクのうち、社会の低炭素化・脱炭素化への移行にともなうリスク(政策・法規制リスク、技術リスク、市場リスク等)が中長期的に顕在化することにともない、各国で気候変動政策が強化され、炭素税をはじめとする環境関連法規等が変更・新規導入された場合、国内外の石油・天然ガス需要の減少、販売価格の長期低迷および追加的な費用負担等により事業価値が毀損される可能性があります。

(4) 新規案件獲得ならびに新規事業成立に関するリスク

当社は、2021年5月にカーボンニュートラル社会実現に向けて当社が果たすべき責務と取り組むべき課題、今後の自社対応および事業展開の方向性を整理した「JAPEX2050」を公表しました。「JAPEX2050」では、E&P事業、再生可能エネルギーの供給、その他、CCSCO2の回収・貯留)/CCUSCO2の回収・有効活用・貯留)の事業等に取り組むことを掲げていますが、かかる取り組みで新規案件獲得ならびに新規事業成立が進まない場合には、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

3. 固有の法規について

(1) ガス事業、電気事業に関する法規

日本のガス事業では、競争原理の導入を目指したさまざまな規制緩和の一環として、201741日に改正ガス事業法が施行され、従来第三者託送義務が課されている天然ガスパイプラインに加え、一定規模以上のLNG基地へ、ガス事業法の規制下で新たに第三者開放が義務付けられることになりました。当社は、こうした規制緩和の流れが、日本のガス市場全体の活性化と天然ガスの需要拡大をもたらし、当社グループのマーケティングの自由度を高め、事業領域や顧客基盤の拡大につながるものと考えます。一方で、このような構造改革の進展は厳しい価格競争をもたらし、当社グループの天然ガス販売にも悪影響を及ぼす可能性があります。

また、電力事業についても、安定供給の確保、電気料金の最大限の抑制、家庭をはじめとする需要家の選択肢や、企業の事業機会の拡大を目指す電力システム改革が、政府により進められており、電気事業に係る政策の見直しやこれにともなう市況の変化等により、将来の当社の電力販売に悪影響を及ぼす可能性があります。

(2) その他当社グループ事業に関する固有法規

当社グループの事業は、その特性上、操業の過程で環境に対してさまざまな負荷を与え、また与える可能性があります。このため当社グループでは、鉱山保安法、高圧ガス保安法等の関連法令にもとづいて、監督官庁からの許認可取得、届出、販売先への製品情報の提供等、必要な手続きについて適法かつ適正な処理を行っており、これまで重大な問題が発生したことはありません。

ただし、世界的な環境意識の高まりに連れて現行の法規制が強化された場合には、追加の設備・操業対策に関する費用の増加等で、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

4. 株式会社INPEXの株価変動にともなうリスクについて

当社は、2021年3月期末現在、株式会社INPEXの株式を7.32%保有しており、当社グループの2021年3月期連結会計年度末の投資有価証券の残高は、105,070百万円のうち同社株式は80,811百万円となっています。同社株価が変動した場合、当社グループの財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

5. 国の保有する当社株式について

当社は、200312月、石油公団(当時)が保有していた当社株式の一部の売出しで、東京証券取引所市場第一部に株式を上場しましたが、この結果、同公団の所有株式数の割合は、65.74%から49.94%に低下しました。

同公団が保有していた当社株式は、同公団の廃止にともない、2005年4月1日付で国(経済産業大臣)に承継されるとともに、2007年6月15日を受渡期日とする株式売出しで、当該保有株式のうち15.94%相当分が売却された結果、同大臣の所有株式数の割合は34.00%となり、現在にいたります。残る株式についても引き続き売却される可能性があり、その時期、方法、数量等によっては、当社の株価に影響を及ぼす可能性があります。

なお、当該株式の保有に関して、国と当社との間には、「定款の変更」「資本金の増減、または社債の発行」 「決算および利益金の処分」「営業の一部もしくは全部の譲り渡し、または譲り受け」「役員候補者の決定」 「資産または事業経営に重要な影響のある事項」に関して、国との間で協議を行う旨を定めた覚書が存在しています。当該覚書の運用は当社の経営の独立性を尊重する形で行われており、当該覚書の存在が、当社の事業の妨げとなったり、事業内容の制約となったことはありません。

6. コンプライアンス等について

当社グループが国内外で事業を行う上では、以下のような社会的責任を果たす必要があります。

① 法令遵守

会社法、税法、金融商品取引法、独占禁止法、労働基準法、環境関連諸法、情報セキュリティ関連諸法、贈賄防止関連諸法や、鉱業法、ガス事業法等の各種業法を含む法令を遵守すること。

② 情報セキュリティ対策の実施

業務を遂行する上で、収集される個人情報を含む秘密情報が漏洩したり、目的外に利用したりすることのないよう適切に管理すること。

③ 不公正取引の遮断

贈賄や反社会的勢力への利益供与といった不公正な取引を行わないこと。

④ 人権の尊重

サプライチェーン全体で、差別やハラスメント、強制労働や児童労働、先住民の権利への不当な干渉といった人権侵害を行わない、またはこれらに加担しないこと。

当社グループは、これらの社会的責任を果たすために、社内研修等によって役職員のコンプライアンス意識・ 人権意識の向上に努める他、社内規程、委員会を整備するとともに、社内監査、財務報告に関する内部統制システム等の必要な制度を構築していますが、役職員による違法または不正な行為を完全に防止できる保証はなく、これらの行為があった場合には、油ガス田の生産操業の停止や訴訟費用の発生といった有形の損害に加え、社会的信用の失墜といった無形の損害が発生し、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

フォルダーのアイコン

当社ウェブサイトは、訪問者様のサイト閲覧時の利便性向上のために、Cookieを使用しています。当社ウェブサイトのCookie使用方針をご確認いただき、ご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。当社ウェブサイト閲覧時のCookieの使用に同意いただけない場合は、ご利用のブラウザでCookieの設定を無効化ください。