トップページ > 会社情報 > 当社代表ごあいさつ

会社情報

当社代表ごあいさつ

代表取締役社長 社長執行役員 藤田昌宏

石油資源開発株式会社は、石油・天然ガスのE&P(探鉱・開発・生産)を担う会社として1955年に創業しました。「エネルギーの安定供給」を使命に、わが国の石油開発事業の発展へ貢献するとともに、石油・天然ガスを軸とする事業を通じ、企業としての成長と価値向上に取り組んでいます。

一方で、昨今の気候変動対策に関する国際的な合意や、低炭素・脱炭素社会に向けた動きなど、石油・天然ガスをめぐる社会や市場の環境は大きく変化しています。また、ESG(環境、社会、企業統治)に対するステークホルダーの関心の高まりなどを受け、持続可能な社会への貢献を含む長期的かつ多角的な視野と、それらにもとづく経営や事業の遂行が求められています。

当社として、石油・天然ガスは今後も世界の一次エネルギーのなかで主要な役割を担い続ける認識であると同時に、持続的成長や環境の変化への対応には、事業構造の変革と企業価値のさらなる向上が必須であると考えています。

こうした状況を踏まえ、2018年5月に公表した「長期ビジョン2030」では、「石油・天然ガスE&Pとその供給事業基盤を活かした総合エネルギー企業への成長」を目指す姿として掲げました。また、2022年度までの5年間の事業の方向性や重点的な取り組みをまとめた「中期事業計画2018-2022」をあわせて策定し、ビジョンの実現に向けた取り組みを進めています。

国内外での石油・天然ガスE&Pや国内ガス供給に加え、天然ガス火力発電といった周辺分野を含む既存事業のさらなる発展と、CCS(二酸化炭素の回収・貯留)をはじめとする次世代技術の実用化や、再生可能エネルギー開発など新規事業の創出に向け、経営資源を投入していきます。

さらに、事業の遂行にあたっては、当社の根底にある「安全最優先」の企業文化を、引き続き大切にしていきます。

当社のさらなる挑戦へ、今後もいっそうのご理解とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。