トップページ > 会社情報 > 当社代表ごあいさつ

会社情報

当社代表ごあいさつ

代表取締役社長 社長執行役員 岡田秀一

当社は1955年に、石油・天然ガスのE&P(探鉱・開発・生産)を担う会社として創業し、わが国の石油開発事業の発展と国内のエネルギーの安定供給に貢献するとともに、事業の拡大と企業価値の向上に継続的に取り組んでおります。

石油・天然ガスは、今後も長期にわたり世界の一次エネルギーの中で主要な役割を担い続けるという認識に立つとともに、市場や社会の環境の変化に対応し経営の安定性を高めるためには、事業の多様化への取り組みが必須であると考えております。また、昨今の気候変動対策に関する国際的な合意や、低炭素・脱炭素社会に向けたエネルギー情勢の変化、企業のESG(環境、社会、企業統治)に対する取り組みへのステークホルダーの関心の高まりなどを受け、持続可能な社会への貢献を含む長期的な視野が、企業の経営や事業の遂行に求められていると考えております。

このような状況を踏まえ、当社は、2018年5月に、2030年までを見据えた成長戦略である「長期ビジョン2030」と、当面5年間の事業の方向性と重点的な取り組みをまとめた「中期事業計画2018-2022」を策定いたしました。2030年に目指す姿として、「石油・天然ガスE&Pとその供給事業基盤を活かした総合エネルギー企業への成長」を掲げ、当社の中核である国内外におけるE&P事業や、国内天然ガス供給インフラに電力供給を加えたインフラ・ユーティリティー事業を引き続き推進することに加え、CCS(CO2の回収・貯留)の技術確立や再生可能エネルギー開発など、当社の知見を活かした非E&P分野の新規事業を順次立ち上げていくことで、低油価環境下でも持続的成長が可能な筋肉質な事業構造への変革と、持続的成長や企業価値の向上、そして、社会への貢献を引き続き目指してまいります。

皆さまには、今後とも当社事業へのいっそうのご理解とご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。