トップページ > 事業紹介 > 【インフラ・ユーティリティ事業】相馬LNG基地

事業紹介

インフラ・ユーティリティ事業

相馬LNG基地

福島県・相馬港において、国内最大級となる23万kl級地上式LNG(液化天然ガス)タンク1基をはじめ、LNGの受け入れと貯蔵、気化および気化したガスのパイプラインへの送出、ならびに、LNGを液体のまま出荷するための設備などを擁する、相馬LNG基地の操業を2018年3月に開始しました。

海外で調達したLNGを受け入れ、LNGを気化したガスを相馬・岩沼間ガスパイプライン経由で、当社のガスパイプラインネットワークへ供給します。また、パイプラインが整備されていない地域へは、液体のままLNGを輸送し供給する「サテライト供給」を行っています。LNGローリーや鉄道タンクコンテナを使ったお客様への輸送・供給に加え、内航船により当社の北海道・勇払LNG受入基地へのLNGを輸送することが可能です。

当基地は、南東北エリアを中心とするお客様への天然ガス・LNGの供給力を強化するための重要拠点となります。また、当社の基幹パイプラインである新潟・仙台間ガスパイプラインを通じて、日本海側と太平洋側のLNG基地を連結することにより、パイプライン沿線地域における天然ガスの供給安定性が向上しました。さらに、福島県初のLNG基地として、天然ガスを主とするエネルギー供給による産業集積、雇用創出、新たなまちづくりなどを通じ、周辺地域の復興・発展へ貢献していきます。

加えて、当社が株主として参画する福島ガス発電株式会社(FGP)の、福島県・相馬港における天然ガス火力発電事業の事業化決定を受け、当基地内に23万キロリットル地上式LNGタンク1基の建設、ならびにLNG気化設備増設の工事を、2017年4月に開始しています。当社は、基地内に増設する設備の施工監理と運転開始後のオペレーション、ならびに本発電事業に係る発電燃料用LNGの当基地での受入・貯蔵・気化と、隣接するFGPの「福島天然ガス発電所」(建設中、2020年春運転開始予定)へのガス供給を実施します。

相馬LNG基地概要

所在地 福島県相馬郡新地町(相馬港4 号埠頭) ※石油資源開発(株)相馬事業所
敷地面積 約20 ha
主要設備 23万kl級地上式LNGタンク(1号タンク)、外航船桟橋(LNG受入)、内航船桟橋(LPG受入およびLNG出荷)、LNG気化プラント設備、LNGローリー出荷設備など
※上記のほか、FGPによる二期工事として、23 万kl級地上式LNG タンク1 基(2 号タンク)とLNG 気化設備の増設)を行っています。(2020 年操業開始予定)

相馬LNG基地/福島天然ガス発電所 完成イメージ
相馬LNG基地/福島天然ガス発電所 完成イメージ(2020年)

相馬プロジェクトのご紹介 相馬プロジェクトのご紹介(6分8秒)