トップページ > CSR > CSRマネジメント

CSR

CSRマネジメント

当社は、「エネルギーの安定供給を通して、地域社会への貢献を実現することを使命とする」と経営理念で謳っており、「エネルギーの安定供給」という事業活動そのものがCSRと考えています。

2012年にCSRを全社で体系的に推進することを決めて以来、ステークホルダーとの対話を通じさまざまな意見を取り入れながら、JAPEXグループにおけるCSR重点課題を特定し、CSR実行計画・目標を設定のうえ、PDCAサイクルの実行によりCSR活動を推進しています。

経営理念実現に向けて

経営理念実現に向けて

ステークホルダーとの関係

当社の事業をとりまく多様なステークホルダーとの信頼関係の構築・強化を図るとともに理解と協力を得ながら、事業活動を通じて地域社会と連携し貢献する取り組みを行っています。

ステークホルダーからの期待・要請

ステークホルダーからの期待・要請

CSR重点課題選定にあたってのプロセス

1. 現状把握・分析・課題抽出

ISO26000に定める項目に沿って、当社グループのCSR取り組み状況について調査を行い、CSR活動の現状を把握し、課題を網羅的に抽出しました。

2. CSRに関するアンケート調査

当社のCSRに関する重要課題(マテリアリティ)の認識を把握し整理するため、①経済/ガバナンス・コンプライアンス/公正な事業慣行、②製品・サービス/社会/労働、③環境の3つのカテゴリーに関するアンケートをすべての従業員を対象に実施しました。

3. CSR重点課題の特定

調査結果をもとに課題リストを作成し、ビジネス(財務)へのインパクトおよびステークホルダーに対する重要度をそれぞれ検討して、重みづけを行いました。その後、広範な社内関係者とのワークショップを実施し、CSR委員会などでの審議を経て、14項目の個別課題とし整理・集約し、当社の取り組むべき5つのCSR重点課題を特定しました。

CSR重点課題 “SHINE”とそのあるべき姿
CSR重点課題 あるべき姿と個別課題

[S]エネルギー安定供給

Stable and sustainable energy supply

安定的な原油・天然ガスの供給ソース・インフラを保持し、効率的で安全な操業や製品の品質・安全確保により、エネルギー安定供給を実現している。また、多様な供給ソースの確保を目指し、地熱、太陽光などの再生可能エネルギー、シェールオイル・ガス、メタンハイドレートなどの非在来型エネルギーの開発にも積極的に取り組むほか、CCSなどの関連新技術の開発にも貢献している。

個別課題

[H] 企業文化としてのHSE

HSE as our culture

労働安全衛生の確保、治安リスクを含む危機管理に向けた方針や体制が整っており、HSEへの配慮を最優先とする企業文化が定着している。事業実施にあたり、省エネルギーや自然資源の有効活用に取り組み、地球温暖化防止や資源の持続可能性確保に貢献している。水・大気・土壌などの汚染を防止し、生態系への配慮を行うことにより、環境負荷を低減している。

個別課題

[I]誠実性とガバナンス

Integrity and governance

統治体制が確立しており、効率性と透明性の高い経営が実現している。コンプライアンス体制が確立しており、不正行為や法令違反を未然に防止している。経営理念の実現に向けた誠実な事業慣行のため、従業員の意識醸成が図られている。

個別課題

[N] 社会との良好な関係構築

Being a good Neighbor

ステークホルダーとのオープンで健全なコミュニケーションを通じて、JAPEXグループに対する社会的要請を的確に把握している。操業地域における雇用創出や公正なビジネス慣行により、ビジネスパートナーや取引先、産油・産ガス国との共存・発展を実現している。また、事業以外での社会貢献や寄付活動を通じて、地域文化を尊重し、地域社会との良好な関係を保っている。

個別課題

[E] 選ばれる魅力ある職場

The Employer of choice

性別、国籍、学歴、職歴などの観点で多様な人材が互いに認め合い、その能力を発揮し、適切な評価と処遇を受け、さらに技術や知見を高め、成長できる働きやすい職場や就労条件が確保されている。グローバル企業として、有能な人材に選ばれる魅力ある職場環境を提供している。

個別課題