トップページ > CSR > 人材育成・訓練

CSR

人材育成・訓練

方針およびキャリア開発制度

当社は、社員一人ひとりの自己実現や充実した職業生活を支援し、効果的な能力形成を行うため、2014年度に「キャリア開発制度」をスタートしました。国内外で事業を強力に推進するためには、主に戦略策定や事業推進を行う「グローバルリーダー人材」、機能別組織をマネジメントする「ビジネスリーダー人材」、高い専門性により事業貢献する「高度専門人材」の3つの人材が求められます。このような人材は、「キャリア開発ガイドライン」にもとづき、上司との定期的なキャリア開発面談や目指す人材像に至るためのキャリア開発コースの選択を通じて、上司の支援のもと、経験と学習を社員自身が主体的に進めていくことで育成を目指します。

これらの仕組みを通じて育成された高度な能力と経験を持った人材の活躍が、事業拡大の原動力となっています。

教育プログラム

個人のキャリア開発を支援する全社共通のプログラムとして、将来像を自主的に設計するキャリアデザイン研修、階層ごとに役割意識を高めるキャリアステージ研修、論理的思考力、プレゼンテーションなど業務遂行上必要となる知識やスキルを身につけるビジネススキル研修などを設けています。

さらに、海外シフトに向けた人的基盤の形成のため、海外留学(米国の大学院)、海外研修(海外事業所における実務研修、欧米教育機関)などの海外派遣や、契約、交渉力、ファイナンス、プロジェクトのケーススタディなどに関する海外人材教育、英語教育などの多様なプログラムを用意して取り組んでいます。

研修体系図(部門別専門研修を除く)

JAPEX研修体系図