トップページ > 事業紹介 > 【E&P事業の流れ】探鉱

事業紹介

E&P事業の流れ

鉱区権益の取得探鉱開発輸送・供給・販売

探鉱

対象地域の地質状況や地層の分析、物理探査などで地質構造を把握したのちに、有望なポイントでの試掘により油ガス層の広がりや埋蔵量を確認し、商業生産の可能性を総合的に判断します。

地質調査:
地層の岩石の性状などを分析します。

物理探査:
人工的に振動を起こし、地下からの反射波を測定し地質構造を把握します。

試掘・採掘:
物理探査の解析結果をもとに試掘を行います。

埋蔵量の評価:
試掘が成功したら油ガス田の広がりや埋蔵量の規模などを確認するため評価井を掘削し、商業生産の可否を総合的に判断します。

試掘井の掘削

試掘井の掘削

海上探査

震探車による調査