トップページ > 事業紹介 > 【海外E&P】ロシア・サハリン

事業紹介

海外E&P

ロシア・サハリン

当社持分法適用関連会社であるサハリン石油ガス開発(株)(権益比率:30%)は、ロシア・サハリン島北東沖海上のチャイウォ、オドプト、アルクトン・ダギの3鉱床での石油・天然ガスの探鉱開発事業(サハリン1プロジェクト)に参加しています。

チャイウォ油ガス田からは、2005年10月より、海上のプラットフォームや陸上の坑井基地・処理施設などの生産施設を用いて原油・天然ガスが生産されています。2015年4月には大偏距掘削で13,500mという世界最長記録を達成しています。また、オドプト油ガス田では2010年9月から、アルクトン・ダギ油ガス田では2015年1月より各々原油生産を開始しています。

サハリン1プロジェクト概要

プロジェクト会社 サハリン石油ガス開発(株)
鉱区名 チャイウォ、オドプト、アルクトン・ダギ鉱床(サハリン島北東沖海上)
権益比率
サハリン石油ガス開発(株) 
Exxon Neftegas Ltd. (Operator) 
ONGC Videsh Ltd. 
Sakhalinmorneftegas-Shelf 
RN-Astra
30.0%
30.0%
20.0%
11.5%
8.5%

サハリン1プロジェクト鉱区図

サハリン1プロジェクト生産施設