トップページ > 事業紹介 > 【海外E&P】カナダ オイルサンドプロジェクト

事業紹介

海外E&P

カナダ オイルサンドプロジェクト

当社は、連結子会社であるJapan Canada Oil Sands Ltd.(JACOS)を1978年に設立後、JACOSを通じておよそ40年にわたり、カナダ・アルバータ州において、オイルサンドの開発・生産に取り組んでいます。

JACOSは1999年に、カナダ・アルバータ州のハンギングストーン鉱区で、経済的かつ効率的な回収方法であるSAGD法(Steam-Assisted Gravity Drainage)を用いたビチューメン(オイルサンド層に含まれる超重質油)の生産に、他社に先駆けて成功しました。その後、2003年に本格的な商業生産に移行し、これまでにハンギングストーン鉱区で累計3,500万バレルのビチューメンを生産しています。

2013年に開発に着手したハンギングストーン鉱区の拡張開発エリアは、2017年4月に生産操業に向けた準備作業を開始し、同8月にはSAGD法によるビチューメンの生産操業を開始しました。今後、生産量は徐々に増加し、2018年後半には日量最大2万バレル規模の生産へ到達する見込みです。生産したビチューメンは、コンデンセート(軽質油)を加えた希釈ビチューメン(重質油相当)として、パイプライン経由で北米地域へ販売します。

ハンギングストーン鉱区拡張開発エリア 概要

鉱区所在地 カナダ アルバータ州アサバスカ地域
プロジェクト会社 カナダオイルサンド(株)
(現地法人Japan Canada Oil Sands Limited(JACOS))
権益比率
JACOS(オペレーター)
75%
Nexen Energy
25%
概況 SAGD法を用いてビチューメンを生産し、北米地域において販売中

注1)1999年に生産を開始したハンギングストーン鉱区の通称3.75セクション(DEMOエリア)におけるSAGD法による生産はすでに終了していますが、鉱区は引き続き当社が保有しています。

注2)当社が権益を保有するその他の未開発鉱区(コーナー、チャード、ソーンベリー)については、Suncor、Nexen Energy、Imperial Oilとパートナーを組んでいる部分があり、鉱区ごとに権益比率が異なります。

カナダオイルサンドプロジェクト鉱区図

ハンギングストーン鉱区拡張開発エリア生産設備